キンドル paperwhiteを買ってみて思ったこと。口コミやオプションなど

こんにちはあしゅまろです。

先日アマゾンプライムデーというプライム会員限定の大セールがありましたね。

特別欲しいものはなかったのですが、本当に何も考えずキンドルを購入してました。

購入したのは kindle paperwhiteという機種です。

今回は買ってみての感想や使いどんな人が買うべきかをお話ししたいと思います(^^♪

スポンサーリンク

意外と小さい

まず初めて手に持った時の感想は

「意外と小さい」

でした。

アイフォンと比べても一回り大きい程度。

正直スマホでも十分かなーと感じました。

動作が遅い

使ってみると分かるんですが動作が遅いです。

本を探す時やページをめくる時ですら、もたつくイメージでした。

多分電池の持ちなどを考えるとあまりハイスペックにできないのが原因ですかね。

ちなみにカタログ上では条件によりけりですが8週間持つそうです。

画面が白黒

ゲームボーイカラーが発売されて以来

「画面はカラー」

と思って生きてきたのですが、キンドルが白黒だったことに驚きました。

e-inkスクリーンという特殊なディスプレイを使っているので白黒でしか表示できないそうなんです。

雑誌や漫画を読むには少し不向きかもしれませんね。

ページをスクロールするたびに画面が一瞬黒くなる

気になる点と言えばもう一つスクロールするたびに画面が一瞬白黒反転します。

最初「壊れてんのか?」と思っていたのですが、壊れているわけではなくこれが正常なようです。

口コミを見ていると「慣れる」と書いてあるので多分慣れるんでしょう。

スポンサーリンク

防水機能はどうなの?

kindle paperwhiteには防水機能がついており、ビーチやプール、お風呂でも読める!!というのが最大のメリットですが

「お風呂で読んでいたら水没した」

「画面が曇るから読めない」

などと言った口コミも見受けられました。

しかしあしゅまろも買ってから2日ですが今のところお風呂で使っても不具合はなさそうです。

オプションの選び方は?

まず、初めに8GB32GBを選びますがあしゅまろは32GB一択と考えています。

漫画一冊で100MB前後だと考えた時に約80冊しか入りません。

小説やビジネス書でも20MB前後あると考えても400冊程度というところでしょうか。

32GBだとその4倍の容量で+2000円で変更可能なので買うなら32GBかなと思いました。

広告あり?広告なし?

次に選ぶのが広告あり広告なしかです。

もちろん安い買い物ではないので長年愛用することになるとは思います。

そのたびにいちいち広告なんて出ていたら愛着なんて湧かなくなると思うんです。

広告ありとなしでは2000円の価格差がありますが1年使えば月に166円程度ですよね。

ここも広告なし一択だと思います。

Wi-Fiだけ? Wi-Fi+4GB?

次にWi-Fi接続だけかWi-Fi+4GB回線両方使えるものを選びます。

これもよくわからないんですがWi-Fi+4GBを選択すると自動的に広告なし+32GBにされてしまいます。

しかも値段が8GB広告あり13980円から22980円にまで跳ね上がります。

しかも本をダウンロードすることにしか使えないにも関わらず容量の大きい本はダウンロードできませんでした。

家にWi-Fi環境がある場合はまずいらないと思っていてもいいと思います。

なので結果的に言うと32GB+広告なし+4G回線いらない17980円がおすすめです。

保証はいる?いらない?

保証はかならず入ることをおすすめします。

万が一画面割れや水没した時に保証に入っていなければ「買い替えてください」の一言で終わることがあるようです。

2年保証で1980円、3年保証で2330円なので2年でも入っておくことをおすすめします。

kindle paperwhiteを持つメリットは?

目にいいとか軽いとかバッテリーの持ちがいいとか色々あるんだろうけど、あしゅまろが思うに

持ってるとカッコいいから。

そしてカッコいいものを持つ自分に酔いしれることできるというのが最大のメリットではないでしょうか。

まとめ

正直本を読みたいなら紙の本で十分だし、スマホでも十分読めます。

それでもキンドルが人気な理由には何か訳があるのかもしれませんね。

あしゅまろのいい相棒になってもらいたいものです。

以上あしゅまろでした!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事