【漂流教室】当時よく発売できたなと思う漫画【ぶっ飛んでる】

こんにちはあしゅまろです。

完全にブログさぼっていました(笑)

 

全国に読者が20億人いると言われており、あしゅまろブログの経済効果は約20兆円を超えると言われています。

そろそろ更新しないと全国で犯罪が増える一方なので、ブログを更新せざるを得ない状況でした。

今日はそんなあしゅまろブログの更新を止めるほど面白い漫画を見つけたので紹介します(笑)

ちゅんまろ
ただ、三日坊主なだけだろ

漫画、漂流教室にハマる

あしゅまろ実は漫画を読むのが好きなんですよね。

多いか少ないかはわかりませんが、電子書籍だけで2000冊。家にも約2000冊の漫画があります。

そんな漫画好きのあしゅまろが最近久しぶりにはまった漫画があったので紹介しましょう。

その名も

漂流教室です。

1972年から1974年にかけてサンデーで連載していた漫画で47年も前の漫画なんですけど

この漫画が、かなり面白いんです!!

漂流教室のみどころは?

正直言うと、読む前は全く期待していませんでした。

楳図かずお先生の事は知っていましたが、絵が苦手で今まで全く読むことがありませんでした。

と、言うよりそもそも興味もありませんでした。

ちゅんまろ
失礼なやつだな

しかし読んでみると、全6巻で長くもなく短くもなく、面白すぎて一気に読んでしまいましたね。

その内容はというと、、、

これがかなりぶっ飛んでいるんですよ(笑)

 

小学校の建物とその生徒や先生が未来に行ってしまうのですが、その未来には何もない砂漠が広がっていました。

戻る方法やどうやって生きていくかなどを考えながら数々の困難を乗り越えていきます。

小学生なのに親が医者というだけで盲腸の手術をしたり、腕がちぎれても敵を倒そうとする熱い小学生も見どころの一つですが、なんと言ってもパン屋のおじさん

「関谷」

 

というキャラクターがあしゅまろの中ではかなり際立っていた存在でした。

未来へ来る前は優しい給食のおじさんだったのですが、何もない未来に来た途端に自分だけ生き残ろうと必死になる姿はまさにトラウマ。(笑)

当時よく出版したなあ。と思うほどの作品でした。

当時読んでいた人はもう一度読んでも面白いでしょうし、読んだことない人は一度は読んでみてもいいかもしれません。

ですが、好みがはっきりと分かれる作品でもあると思います。

サンデーうぇぶりでは第三章まで無料で読めるそうなのでとりあえず試しに読んでみてはいかがでしょうか。

サンデーうぇぶり 漂流教室

まとめ

そのほかにも楳図かずお先生の漫画を読んでみたのですが、漂流教室が面白すぎて他の漫画は読めませんでした(笑)

もう少し漂流教室の熱が冷めてから読んでみようと思います。

あなたもこれを機会に楳図かずお先生の世界を試してみてはいかがでしょうか。

あしゅまろ
以上あしゅまろでした!!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事