日本人特有??ルールに縛られすぎているのではないか??

こんにちはあしゅまろです。

今日こんなツイートをしたのですがこのことについてほぼ半日考えていました。

ツイッターで自分の意見を書こうとしたのですが多分、収まらないのでブログにしました。

スポンサーリンク

どっちが悪い??

ツイッターでは圧倒的おじさん有利。

というか、交通規則を守れていない職人さんが敵になるのは、もはや当たり前の話し。

ですが

もし、自分が同じ立場の状況に置かれた時、どう思うかをずっと考えていました。

交通ルールはゆとりをもって作られている

そもそも交通ルールは多少のゆとりがあると思うのです。

法定速度は何キロと決まってますが、法定速度を超えて走っている人の方が多いですし、車を運転したことがある人で法定速度を超えたことがない人なんかいないんじゃないかなと思いました。

仮に1キロオーバーでスピード違反で切られたとしてももちろん文句は言えません。規則ですから。

でも、きっとそれで切られた時に絶対に納得できないなって言う自分がいました。

人間の作るものには多少のずれがある。

スピードメーターにしても時計にしても多少ずれる事があるのはご存知でしょうか。

スピードメーターは、タイヤの大きさで表示しているスピードより、遅く表示されたり早く表示されたりするようですし、時計だって電波時計でも狂ってしまうこともあるようです。

そういう事も含めてゆとりがあるのではないのかなと思いました。

スポンサーリンク

そもそも7時31分に子供はいない

あしゅまろの近所の出来事なので、よく知っている道なのですが、そもそも7時31分には子供はまずいません。

先ほど話した通りゆとりをもって決めているので、その時間帯は子供がいないのです。

そのことは毎日立っているおじさんなら知っていることだと思います。

それでもルールはルールなんですけどね。

結局どうしたらよかったの?

あしゅまろが思うにおじさんがもう少し融通をきかせればよかったと思います。

「この時間帯は子供はいないと思うけどいる可能性も0ではない。もし通ったとしてもそれはあなたの自己責任だが子供がいると思って徐行してくれないですか?」

と言えばそれでよかったんじゃないかなーと。

でもそれが正解とも限りませんよね。

難しい。

スポンサーリンク

まとめ

きっと誰でもルールに悩まされたことがあると思います。

食いしん坊のあしゅまろは「なんでこのお店のチャーハン大盛りにできないの!?」とか(笑)

お店の人から言わせればそれが規則だからなのです。

もちろん1分1秒。1センチ1ミリの誤差も許されないこともありますが、人間同士で解決できることなら少し融通をきかせてもいいんではないかなと思いました。

ルールがあってこその今の日本ですが、そこまでがちがちになっても息苦しくないですか?

職人さんと、おじさんは最後どうなったかは二人にしか分かりませんが、お互い折り合いがつく結果になっていればいいなと思いました。

どうでもいいけどなんで見ず知らずのおっさん二人に対してこんなに悩まなきゃいけないの?

と思うあしゅまろでした。(笑)

番外編

ツイッターのみんなの返信を見てふと、思ったんですが子供の命を守ってるおじさんとけんか腰の職人さんを並べたら喧嘩腰の職人さんが悪者になるのは当たり前かなーと思いました。(決して職人さんが悪い人ばかりではないのは分かっているがなぜか世間一般では、印象が悪いのも事実)

登場人物がおじさんが変わらず、職人さんがあなたが好きな有名人に変わったらどうなるのかなと思いました(笑)

ただそれだけです(笑)

様々な意見があると思います。
たくさんのコメントやあしゅまろの批判でもなんでもお待ちしています。

以上あしゅまろでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事