ペヤングのふた、いつから変わった?今日から君もペヤング博士。

こんにちはあしゅまろです。

ペヤングって昔流しにダイブってよくあったけどいつの間にかダイブしない湯切りついてたましたよね!?

いつから変わったんだろーと思いながら調べてみました!!

スポンサーリンク

ペヤングの新湯切りは2015年に容器デザイン変更時に装備された

ここ10年はダイブさせていないから10年くらいはたっているかと思いました。

が、なんと今から三年前!!意外と最近やん!!

たまに食べたくなるんだけどお腹いっぱいにならない割りにカロリー高いからちょっと手が出ないという女子発言も出しながらペヤングについて勉強していきましょう。

ペヤングの歴史

ペヤングソース焼きそばは、まるか食品の大ヒット商品で1975年に発売されました。
なんといまから43年も前からあるそうです。

あしゅまろなんかより大先輩だったのですね。

サイトを見るとこんなことが書いてありました。

昔は高価だったカップ麺。 若いカップルに二人で一つのものを 仲良く食べてほしいという願いから、 「ペア」と「ヤング」で「ペヤング」 という名前になりました。 そんなペヤングも皆様との 長い年月のうちに幅広い世代の方に 召し上がっていただけるまで 成長いたしました。

スポンサーリンク
すばらしいネーミングセンスですね。

今では世代を超えてたくさんの人達に食べられている素晴らしい商品だったのですね。

ゴキブリ事件

そんなペヤングにも大変な事件が起こりました。

それは2014年の12月。

ペヤングの中にゴキブリがまぎれ混んでいたのだというのです。
それがツイッターなどで出回って大炎上。

そこから、自主回収からの発売中止からの発売再開からのふたが大変身という経緯でふたが変わったようです。
このゴキブリ事件がなければいまだに昔の湯切りのままだったかもしれない。

ちなみに現在は衛生面にも相当気を使っているのがサイトを見るだけで分かりますね。
ペヤング、安心、安全の取り組み

失敗があったこそ今は安心して食べれますね。

まとめ

ペヤング。あしゅまろが生きているうちは販売し続けてください。

アマゾンへのリンクです。ストックが切れた方は是非どうぞ。
ペヤング

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事