花火の4尺玉の値段は?意外と知らない大きさの単位など。

こんにちはあしゅまろです。

夏の風物詩と言えば花火ですよね。

ところであなたは、花火が一発どれくらいの値段であがるかご存知でしょうか?

今回は花火の値段や花火の大きさについて勉強しましょう。

スポンサーリンク

花火の大きさの単位は?

花火の大きさの単位には

  • 尺、寸
  • センチ

の3つの単位があります。

分かりやすく書くと

10寸=1尺=10号=30センチ

です。

ちなみに東京で行われる花火大会で1番大きい尺玉を上げるのは板橋の花火大会で1尺5寸玉で15号=45センチという事になります。

最大で4尺玉まであり120センチの玉が打ちあがるのを想像するだけでもとんでもない事をしているのが分かります。

尺玉の値段は?

早速ですが尺玉の値段を見ていきましょう。

1尺玉6万円前後
2尺玉60万円前後
3尺玉150万円前後
4尺玉260万円前後

 

となっているのが一般的なようです。

ちなみに10月に埼玉県鴻巣市で行われる花火大会は、4尺玉、そして3尺玉2発、尺玉がなんと300発も上がるので合計で約2360万円になります。

細かいのも入れたら3000万円は超えるのではないでしょうか。

3尺玉以上があがる花火大会は?

3尺玉以上が上がる花火大会を地方別にまとめてみました。

北海道

・釧路大漁どんぱく花火大会 3尺玉

秋田県

・港まつり 能代の花火 3尺玉

新潟県

・長岡まつり大花火大会 3尺玉

・ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 3尺玉

・片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火 4尺玉

茨城県

・古河花火大会 3尺玉

埼玉県

・鴻巣花火大会 4尺玉

愛知県

・蒲郡まつり 3尺玉

三重県

・熊野大花火大会 3尺玉

鹿児島県

・枕崎港まつり花火大会 3尺玉

まとめ

今年は3尺玉以上の花火を見に行ってみてはいかがでしょうか!!

以上あしゅまろでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事