【2019年】豊島園のアジサイ園を徹底的にご紹介!混雑や写真など

こんにちはあしゅまろです。

今回、東京都練馬区にあるアジサイ園に行って来ました。

雨の多いこの季節。心の拠り所と言えばアジサイですよね。

雨の中いきいきと咲いているアジサイは、見る人に元気を与えます。

今日はそんな豊島園のアジサイ園の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

アジサイ豆知識

豊島園のアジサイ園に行く前に少しアジサイについて勉強しましょう。

アジサイには大きく分けて二種類の物があります。

普通の手まりタイプのアジサイと、ガクアジサイと呼ばれるタイプのものです。

ガクアジサイはこんなやつ。

あぁ。やっぱりきれいだなあ。(笑)

でも個人的には普通のアジサイのが好き。なぜなら丸くてかわいいから(^^♪

スポンサーリンク
次にアジサイの種類は何種類あると思いますか?

正解はなんと、、、

約三千種類

もあるそうです。

品種改良に力を入れている人も多くいるようで、このアジサイ園にも一人で何種類ものアジサイを作っているという人の名札が立っていました。

そんなたくさんのアジサイを見ていきましょう。

豊島園のアジサイ

この写真はSONYのa5100で撮影しています。





とまあこんな感じでたくさんの種類のアジサイを見ることが出来ました。

昆虫館

昆虫館はアジサイ園を歩くと出てきます。

料金は300円ですが300円の価値はあると思います。

虫嫌いのあしゅまろでも楽しめました。

カブトムシと触れ合えるコーナーもありました。あしゅまろは触れないけど(´・ω・`)最後のほうに展示室もあったのですが蛍がいるせいか蛍の光以外何も見えませんでした。

そこもまあ300円なら許せる範囲でした。

昆虫館からでるとまたアジサイの続きを楽しめます。

アジサイ園の出口にはアジサイトンネルというものがあり、見ごろは終わっていたせいか、気づかずにスルーしてしまいました。残念

アジサイ園に沿って走る模型列車あじさい号

最後にあじさい号に乗りました。料金は一人300円でした。手渡しで現金を渡します。

正直、、、乗らなくてもいい乗り物でした。

お子様がいる家庭なら乗ってもいいかもしれません。

アドバイスとしては、列車の案内の人のスピーカーの音が大きすぎるのでスピーカーの近くには乗らないことです。

スピーカーは列車の天井についているので席を選ぶときはスピーカーの下ははずしましょう。

不快になるくらいうるさいです。

アジサイ園の料金

通常は豊島園の入園料1000円ではいれますが、、、!

50歳以上は500円

遊園地休園日は500円になります。(毎週火曜、水曜が遊園地休園日のようです。)

混雑は?

日曜日の夕方に行ったのですがさほど混んではいませんでした。

ゆっくり見れたので非常に満足できましたよ(^^♪

まとめ

たまには、アジサイをぼーっと眺めるのもいいかもしれませんね。

余談ですが、インスタ用にカタツムリの貸し出しがあるようです。

以上あしゅまろでした!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事