2019年船橋三番瀬海岸のホンビノス狩り徹底ガイド!!

こんにちはあしゅまろです。

毎年、船橋三番瀬海岸でホンビノス狩りをするのですが、他の人にも楽しんでもらうためにホンビノスガイドの記事を書きました。

もし、行く方は参考にしてみてください。

ちなみにこんなにたくさんのホンビノスがとれます(^^♪

大きくて綺麗でしょう(^^♪

それでも、他の方のブログなどを見ていると買い物かご一杯取れたとか二杯取れたとか書いてあるので少ないほうかもしれませんが、一人で食べるには十分すぎるホンビノスが取れました(^^♪

潮干狩り好きには是非一度、挑戦してほしいのがこのホンビノス狩りですね(^^♪

あしゅまろ
おおきな貝がとれた時の喜びは半端ないぜ!!
スポンサーリンク

ホンビノス狩りをする前の準備

ホンビノス狩りは知識や準備がないと、危険な目に合うこともあります。

脅かすようですがこの三番瀬海岸は死亡事故も起きている正直とても危険な海岸です。

船橋三番瀬海岸で死亡事故。事故の原因は?事故を起こさないためにはどうすればいい?の記事

あしゅまろ
必要な物順に☆1~☆5で書いていくよ!

胴長 ☆

ホンビノスは一年中取れるので、冬でも本ホンビノス狩りをやりたい人に胴長はおすすめです。

まあ、そんなストイックな人はそうそういないと思いますけどね(笑)

ですが、人があまり行かない深い所での作業にも向いています。

実際に胴長で作業をしている人も多くいます。

クラゲ除け ☆☆

時期と作業の恰好によっては必須アイテムです。

半ズボンの水着などを履いて作業する場合はあると安心ですね。

ちなみに、このクラゲ除けは日焼け止めの効果もあるので、紫外線対策にも使えます。

熊手 ☆☆☆

潮干狩りと言えば熊手ですよね。

熊手はあってもいいですが、ホンビノスはそんなに深い所にいるわけではないので熊手がなくても余裕で取れます(笑)

ですが、素手でとることによって思わぬ怪我をすることもあるので、安全面を考慮すれば

「買い物かご?」

と、思う方もいるかもしれませんが、大漁狙いの人はみんな持っています。
両サイドに2リットルのペットボトルを紐でくくりウキを作るのがポイント。少し深いとろもあるのでうきを作らないと全部流されてしまいます。

一人分であれば潮干狩り用のネットでも十分ですけどね。

食べれるぶんだけとるのもマナーの一つです。
たくさんとれるからといってあとでごみにするようなことは絶対にやめましょう。

あと買い物かごをスーパーなどでパクるのもやめましょうね(笑)

ひも付きの日よけの帽子 ☆☆☆

日差しは強い日はもちろん、曇りの日だって紫外線対策は需要です。

特に暑い時期は太陽の暑さに体力を奪われ熱中症の危険もあります。

忘れずに用意しましょう。

ちなみにひも付きをおすすめする理由は海風が強く吹くと飛ばされてしまうからです。

こちらの商品はかなりおすすめです。

首元にも日よけがあり、ひも付きなので無敵と言っても過言ではないです(笑)

ラッシュガード ☆☆☆☆

日焼け防止、怪我防止のためラッシュガードを着ていった方が間違いないと思います。

サングラス ☆☆☆☆

正直100均などに売っているもので十分です。
高いものはねじの部分が錆びるので安いもののほうがいいと思います。

安くておしゃれなサングラスを探してみました(笑)

マリンシューズ  ☆☆☆☆

沖のほうまでいくと深さはひざ下くらいまでの水位があるので、ビーチサンダルでは歩きづらくすぐに流されてしまいます。

裸足で足の感覚でホンビノスを探す人もいますが、貝のかけらで足を切ったり岩や石で怪我をすることもあるのでマリンシューズは用意した方がいいかもしれませんね。

防水型の腕時計 ☆☆☆☆☆

夢中になって潮干狩りを楽しんでいると時間を忘れてしまいます。

干潮や満潮の時間が分からないと思わぬ事故にあう可能性もあります。

携帯などを持っていくのはリスクが高いので、時間の見れる時計を持つようにしましょう。

G-SHOCKがやはりおすすめです。
・作業用のゴム手袋

貝を掘るうちに手袋も破れますので最低でも2双はもっていたほうがいいと思います。

これがないと爪がぼろぼろになります。

やはりワークマンの商品。

耐久性安さともに抜群のコストパフォーマンスですね。

スポンサーリンク

空の2リッターペットボトル ☆☆☆☆☆

持ち帰り時の砂抜きに使います。

ポイントとしては海岸についたらこれで海水を汲みます。2本も汲めば十分だと思います。
着いてからすぐにやらないと干潮の時間帯は海水がないので沖のほうまで海水を汲みに行く羽目になるのでご注意を。

発泡スチロールの箱 ☆☆☆☆☆

これはスーパーでもらいましょう。

持ち帰るときに海水とホンビノスを入れて持ち帰ります。

ライフジャケット ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

正直つけている人の方がすくないです、、、が!

必ずライフジャケットは着けてほしいです。

恥ずかしいかもしれませんが命を落とすよりもましだと思います。

特にシーズンオフ時は人がほとんどいないのでライフジャケットが自分の命を守ってくれます。

1000円前後で命を守れると思えば安いですよね。

スポンサーリンク

船橋三番瀬でホンビノスがとれる時期は?

結果から言うと一年中とれるようです。

冬のほうが美味しいようですが、寒い中海に入るのは地獄ですよね(笑)

冬でもとる強者はいるようですが、やはり潮干狩りと同じ4月から6月くらいが暑すぎず寒すぎずいいのではないでしょうか。

潮について知ろう

次に潮の満ち引きについての事です。

潮干狩りはできる日と時間帯が決まっています。

大潮、中潮、小潮の日の干潮時が一般的に適していると言えるでしょう。

それが、いつなのか分かるサイトのリンクを張っておきますね。

千葉県の潮見表

時間帯は大体干潮の前後2時間がベストだと思います。

それ以上は海にいると危険なので、こまめに時間を見ましょう。

船橋三番瀬に限っては60センチくらいの水位でも難なく潮干狩りはできました。

場所は??

ふなばし三番瀬海浜公園

駐車場にとめて海岸に出ると、左のほうに防波堤が見え、その奥がホンビノススポットになっています。

干潮時にはかなり奥までいけます。

ホンビノスはどこにいるの??

海藻が生えているところや、岩の下に隠れていることが多いです。

あと、海にたくさん穴があいているのですが、たまにぶくぶくと泡が立つ穴があります。

そこを5センチくらい掘るだけでおおきなホンビノスがでてきますよ(^^♪

裸足になって砂の下にいるホンビノスを探し当てるほうほうもあるみたいなのですが、足を切ってしまう恐れがあるのであまりおすすめしません。

あとは経験あるのみです。

スポンサーリンク

他にはどんな貝がとれる?

あさり、シオフキ、ハマグリ、バカガイ、などが多く取れます。

潮干狩りでは食べれない貝はないといわれていますが、シオフキ、バカガイは砂抜きの処理が難しく食べるのに面倒だそうです。

おすすめの食べ方は?

なんといっても酒蒸しでしょう。

少し身は弾力がありますがすごく美味しかったですよ。

ホンビノス。貝毒は大丈夫??

事前にグーグルで「船橋 貝毒」などと調べてみましょう。

貝毒の情報があればでてくるはずです。

ツイッターのツイート検索なんかも使えるかもしれません。

ほかにホンビノスを取っている人がいれば何か情報があるかもしれません。

ホンビノスのカロリーは?

はまぐりが100gあたり38キロカロリー

あさりが100gあたり30キロカロリーなので

それに近いカロリーなのではないでしょうか。

船橋三番瀬施設情報

  • 有料の駐車場があります。一日500円からとめられます。有料の潮干狩り開催日以外でもとめられます。
  • 歩いて行けるコンビニがちかくにあります。
  • 有料の潮干狩り開催日は駐車場がいっぱいになる可能性があります。早めの行動を。特にゴールデンウィークは混むようです。
  • 有料の潮干狩り開催日には熊手の貸し出しもあります。
  • 公衆トイレもあります。
  • バーベキュー場があります。

公式サイトは以下から
ふなばし三番瀬海浜公園

おすすめの食べ方は?

アメリカなどでは、クラムチャウダーに入れるのが主流のようですが、酒蒸しやパスタなどに入れても美味しいんです。

肉厚で噛み応えがあるので、バター醤油で食べても美味しいですよね。

たくさんとって、色々な料理アレンジをしてみましょう(^^♪

まとめ

楽しい潮干狩りですが危険もたくさんあります。

安全第一で、無理なく潮干狩りを楽しみましょう。

以上あしゅまろでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事