【2020年】世田谷いちご熟の混雑がやばかった!営業開始日はいつから?

こんにちはあしゅまろです。

今年もイチゴの季節がやってきました(^^♪

今日は都内で、いちご狩りができる世田谷いちご熟を紹介します。

毎年1月頃の開園になるのでもうしばらく待ちましょう!!

世田谷いちご熟

スポンサーリンク

世田谷いちご熟のおすすめポイント

なんと言っても都内でいちご狩りができるというところではないでしょうか。

都内に住んでいる人は郊外でイチゴ狩りをするのが一般的ですが、世田谷区という土地柄、車でも電車でも行きやすいので家族はもちろん若いカップル、友達同士でもおすすめです。

逆に郊外に住んでる人にはあまり縁はないかもしれませんね。

世田谷いちご熟の料金は?

大人2000円
子供2歳から小学生1700円

時間は大人も子供も30分です。

30分では絶対に足りないと思ったのですが、食いしん坊のあしゅまろでも30分も食べ続ける事はできませんでした。

いちご恐るべし!!

あと、子供が1700円と少し割高な気もしますが、よくよく考えたら子供のがいっぱい食べそうだから妥当な値段なのかもしれないですね。

園内の様子は?

練乳のカップをもらいいざイチゴ狩りへ!!

園内はこんな感じでした!!

美味しそうないちごがずらりと並んでいますね。

世田谷いちご熟では高設栽培という栽培方法を取り入れているのしゃがむことなくポイポイと口に放り込めます(笑)

種類はあきひめと紅ほっぺの二種類

どちらも静岡が原産のポピュラーないちごのようですね。

あきひめは甘みが特徴的で、紅ほっぺは、【あきひめ】と【さちのか】という、いちごを掛け合わせた品種で、あきひめの甘みと、さちのかの酸味を取り入れ絶妙なおいしさを手に入れたいちごだそうです。

食べ比べできるのは楽しかったですよ(^^♪

営業日、営業時間、混雑など

営業日は水曜日と日曜日の10時から先着順。

予約はできません。

週のうち2日しかやっていないため日曜日はものすごく混みます。日曜は10時10分頃に到着したのですが、その時点でもう入れませんでした。

ほかの人のブログなどを見ていると1時間半前から行列ができ9時台前半には入場を終了していることもあるようです。

残念な顔で帰っていく方もたくさんいるので必ず早めに並ぶのがおすすめです。

水曜日は10時半頃でも余裕で入れましたよ(^^♪

この看板が出る前に行きたいですね(´・ω・`)


入場に間に合わなかった人が必ず食べて帰るというアイス(´・ω・`)

スポンサーリンク

アクセス

住所
東京都世田谷区中町4-32-1

東急大井町線の上野毛駅から徒歩約10分

東急バス多摩美術大学から徒歩8分

東急バス玉川電話局から徒歩6分

住宅街なので目印が少ないのですが、世田谷いちご熟の隣に中町小学校がありました。

あしゅまろは車で行ったのですが、周りにコインパーキングはちらほらありました。

20分100円程度なので、滞在時間40分から60分で200円から300円くらいで収まると思います。

まとめ

季節によっては値段は少し高め?かなーとも感じますが、美味しいイチゴがたべれるならいいでしょう!!(^^♪

おいしいいちごをたくさん食べれるといいですね(^^♪

以上あしゅまろでした!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事