皇居の松の数ってこんなにあるのwww

こんにちはあしゅまろです。

今日、皇居の前を通った時にふと思ったのですが、

なんか異常に松、多くね?

と、思いました。(笑)

一体何本あるのだろうと思い調べてみました。

スポンサーリンク

皇居の松とは

松は常緑樹であり年間を通して緑を保ち、寿命が長いことから「縁起が良い」とされることから日本では正月に門松を立てて新年を祝います。

皇居の松もそれと同じで、縁起のよさからたくさんの松が植えられたそうです。

ちなみに松は500年~1000年くらいの寿命があるそうです!

あしゅまろ
あしゅまろも500年くらい生きたいな。

ちゅんまろ
勝手にして

結局何本なの?

なんと2000本もあります!

すごい数ですよね(笑)

ちなみに千代田区全体で言うと6800本もあるそうです(笑)

ちなみにお手入れの値段は?

皇居の松は一年に1回、3月頃に剪定が行われるようです。

あしゅまろの勝手な計算だが、植木職人さんが一日2万円。

一日に2本手入れをしたとして1000日かかるので、

2万円×1000日で2000万円になります。(´・ω・`)

千代田区の区民税の大半は松の手入れに使われているのですね。(適当)

スポンサーリンク

まとめ

暑い夏も超え、寒い冬もこえ、嵐にも耐え、冷たい雪にも負けない松って素敵ですね。

皇居を行った際には是非、年間2000万もかかってる松を気にしてあげましょう!

盆栽の魅力もなんだか分かり、少し大人になったあしゅまろでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事